休職している最中に注意したい「SNSでやっちゃいけない2つのNG投稿」

休職もSNSの更新はなさっておられる方も多いようです。ただ、その投稿に関して、休職中にぜひ注意していただきたいことがあります。

匿名性があるとは言え、誰が見聞きしているか分からないということもあります。その点、十分に注意しておいたほうがいいです。ネット上だけの話かと思いきや、それが実生活に作用してくることもあります。

今回はそんな「SNSでやっちゃいけない2つのNG投稿」について書いてみたいと思います。

休職中の旅行写真

休職している最中であっても、「気晴らしに旅行」をしてはならないということはないでしょう。無理をしない範囲でやる分には問題ないでしょう。

ただ、その写真などをSNSにシェア、投稿することはよく考えた方がいいでしょう。同僚や上司が「自分は働いてるのに、休んでるアイツがバカンスかよ」と反感を買ってしまうこともあるわけです。

実際、休職中に某テーマパークに行って、その写真をSNSに上に掲載し、陰口を叩かれてしまっている方を担当したことがあります。SNSの功罪といったところでしょうが、それで人間関係を悪くしてしまっては元も子もありません。ですので、SNSへの投稿は控えた方がよろしいでしょうね。

悪口はNG

その他の注意点としては、「上司・同僚・職場の悪口」も書くべきではないでしょうね。ついつい憂さ晴らしに書いていて、実は特定されていた、なんてこともあったりするわけです。

恨みを抱いていたとしても、そうしたことは誰が見ているか分からないものです。ぜひお気をつけいただければと思います。



休職中のアドバイス

本日の人気記事