「転職1ヶ月でうつ病」となってしまった時にどうすべきか

転職は転職活動、そして入職した先への環境、人間関係、業務内容に慣れていかなければならないなど、変化の嵐で非常にストレスを抱えやすい状況にあります。

その結果、うつ病などのメンタル疾患を発症してしまうこともおかしくないと思われます。当初は「心機一転!」と気を張って頑張れていても、その後にガス欠のように体調不良を自覚することもあります。

特に、「実はうつ病だった」ことを隠して転職していたとなると、再発・再燃する可能性は高まっている状況だと思います。

では、この「転職1ヶ月でうつ病」となってしまった場合にどうすべきか、今回は書いてみたいと思います。

主治医と相談

心療内科・精神科に受診されているということを前提としてですが、「今の病状を踏まえて、勤務継続が可能かどうか」「勤務が継続できるのならば、どのようなことに注意すべきか」「内服をするならば、どのような影響が仕事に出るのか」といったことをしっかりと主治医に確認しましょう。

自己判断ですと、なかなか気づきにくいところもあります。ですので、主治医に病状などをしっかりと把握してもらい、いわば「ドクターストップの状態なのかどうか」を判断してもらうことが重要です。

産業医との相談

主治医だけでなく、産業医との相談もできればしていただいた方がよろしいかと思います。産業医としては、「守秘義務」もありますので、上司や人事側に知られたくないということでしたら、「会社側には知られたくないんですが…」と言いおいて相談することもできます。

特に、患者さんの希望、意志を尊重するという主治医も少なくなく、「休業したいのなら、診断書を書きますよ」と言われることもあります。その場合は、産業医に判断を仰ぐということもできると思います。

また、必要であれば産業医から「残業禁止」「夜勤禁止」などの就業制限をかけてもらいつつ勤務することができます。そうした条件つきでの勤務が可能ならば、そうした就業制限について相談することもお勧めです。

休職した際の対応

休職した場合、人事側から根掘り葉掘り、「前職でうつ病だったのではないか」「なぜうつ病を発症したのか」など聞かれる可能性があります。また、やんわりと退職勧奨をされる可能性があるかもしれません。

ですが、まずは「休養」することを優先し、退職などの重大な決断は後回しにしましょう。そうした決断については、病状が快復し、まずはゆっくり眠れるようになってから考えてもいいと思います。

以上です。
たしかに、「転職1ヶ月でうつ病」となりますと、会社側もいい顔はしません。やむなく退職、といった方もおられました。その時は、まずは病状快復するのを待ち、うつ症状専門の就業移行支援を行っている「シゴトライ」や、カウンセリングなど手厚いサポートのある「ネオキャリア」などの支援を受けつつ転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。



転職後の注意点

本日の人気記事