うつ病では「転職に不利」「再就職できない」と思い込まないで欲しい理由

うつ病は、なりたくてなったわけでもないですし、人間関係・仕事内容・仕事の量・家庭の事情…など、降り掛かってきたストレスによりなってしまわれる方が大半であると思われます。

辛い思いをしながら療養期間を送り、ようやく社会復帰できそうなぐらい快復してきたところ、転職活動といった関門がまた待ち構えています。その大変さ故に、「転職では不利」「再就職できない」などと思ってしまうのは仕方がないと思います。

ですが、メンタル疾患を患いながらも転職活動を行い、無事に転職を果たした方は決して珍しくはありません。ですので、病状がしっかりと快復した状態であれば問題なく内定を得られると思います。

むしろ、「自分はうつ病。転職に不利…」「このまま再就職できないのではなかろうか…」などと思っておりますと、そのことが採用面接での受け答えに支障をきたすことも考えられます。ですので、「うつ病でも転職は上手くいく人もいる。きっと自分も再就職できる」と思った上で採用面接に臨んでいただければと思います。

ですが、なかなかネガティブな気持ちというのは振り払おうと思っても、なかなか上手くいかないこともあります。そんな時は、うつ症状専門の就業移行支援を行っている「シゴトライ」や、カウンセリングなど手厚いサポートのある「ネオキャリア」などの支援を受けつつ転職活動を乗り切るという手もありますので、ご相談なさってはいかがでしょうか。



転職活動中の注意点

本日の人気記事