「転職回数が多い」方に試してもらいたい転職活動を上手く成功させるコツ

産業医として社員の方々と面談をする中で、「転職回数が多い」という方とお話をすることもあります。その中で感じたことですが、「転職回数が多い」という方に多いパターンとしては、以下のようなものがあると思っています。

・人間関係が苦手で、職場環境になかなか溶け込みにくい。

・上司との関係構築が苦手で、「報告・連絡・相談」が上手くできずに自己判断で仕事を進めてしまう(結果、上司との反りが合わない)。

・経験や知識を蓄えて一人前に育つ前に耐えることができずに退職してしまう。

・仕事の優先順位をつけることが苦手で、どの仕事も時間をかけてやろうとしてしまう。

といったことです。中でも、「人間関係」というのはどの職場でもつきまとうものであり、そのことを苦手とする方はどこでも苦労する傾向にあります。

…などと偉そうに書いていますが、私自身も人見知りで、人間関係を不得手とする人の内の一人です。ですが、3度の転職を経て、「克服するしかない」と思い、仕事上で必要なことと割り切って、関わりのある方とは積極的にコミュニケーションをとるように心がけています。

ただ、人間関係の密度というのは職場環境によりきりです。ですので、「人間関係が苦手」とお感じになられているようでしたら、「自分でも上手くやっていけそうか」ということを入職前にあらかじめ職場見学を行うなどして、自分でチェックすることをオススメします。

また、「「仕事の進め方のクセ」を変えないとうつ病を再発する可能性があります」でも書きましたが、自分の仕事上での「クセ」というものに気づいていないと、転職をさらに繰り返してしまう可能性もあります。

「無くて七癖」などと言いますが、自分で気づかない思わぬ「クセ」というものがある可能性もあります。ですので、また新たな転職前には、しっかりと自己分析・対策を行う必要があると思います。そこで、うつ症状専門の就業移行支援を行っている「シゴトライ」や、カウンセリングなど手厚いサポートのある「ネオキャリア」などの転職支援会社で相談し、アドバイスをもらいつつ転職活動を進めることで、成功確率はグンと上がるのではないでしょうか。



転職活動前の準備

本日の人気記事