「転職先がなかなか決まらない…」という時にしてはいけないNG行動

私は元々臨床医をしていた頃があり、その後、産業医となっております。その後もさらに2回転職しており、計3回の転職を経験しています。

仕事の負荷、人間関係などの問題に悩み、転職をしておりますので、その転職活動の時の葛藤、焦りなども自ら経験しています。

特に産業医ですと、求人数も限られており、「なかなか転職先が決まらない」ということもありました。応募して、採用面接を受けても落とされる、ということも何度も経験しました。

そのような時、ついつい焦って「もっと希望条件を下げればいいんだろうか」「かなり希望条件とは異なっているけど、この際しょうがない」と思って、あまり望まない求人先に応募したこともあります。

ですが、こうした焦りや不安の中での行動というのは得てして上手くいかないものです。もしそこで内定が得られ、入職したとしても、後悔することになるのは目に見えています(もちろん、それで案外よかったと思えるケースもありますが)。

焦りや不安に駆られている時は、転職活動で突っ走るのではなく、一度、立ち止まってみることもよろしいのではないでしょうか。「待つ」ことも転職活動ということもあります。その待機している中で、新たな希望求人が現れることもあるはずです。

こうした「待つ」期間もありますので、できれば次の内定が決まるまでは、衝動的に退職してしまう、ということはできることならば避けた方がいいとも思います。私自身も、衝動的に退職してしまい、後悔したことがありました。

また、なかなか求人に応募できない、応募しても内定が得られないという場合は、第三者の相談相手と話をすることも効果的です。別の視点からアドバイスをもらえる可能性があるからです。

うつ症状専門の就業移行支援を行っている「シゴトライ」や、カウンセリングなど手厚いサポートのある「ネオキャリア」などの転職支援会社で相談することも検討されてみてはいかがでしょうか。



転職活動前の準備

本日の人気記事