うつ病からの転職活動ー求人選びを行う上での3つの注意点

うつ病で転職を行おうと考えている場合、まずは求人選びを行うことになると思いますが、ここで注意すべき点があります。

この求人選びを誤ってしまうと、内定を得られたとしても、入職後にうつ病を再発する可能性もあります。

今回は、転職活動をする上で重要な求人選びでの注意点について書いてみたいと思います。

業種選びでの注意点

転職となると、新たな人間関係の中、環境に飛び込んでいく必要があります。ただでさえそうしたストレスがある中、「全くあらたな業種」で転職をしますと、一から仕事を覚えていくことも相まって、ストレスフルな状態で働き始める必要があると思います。

ですので、できれば「ある程度、今までの仕事と関係のある業種」である求人を選ぶ方が再休職のリスクは軽減できると思います。

「心機一転、全く新しい業種で働きたい」というお気持ちも分かりますが、できることならばある程度の知識・経験のある業種を選ばれた方がよろしいと思います。

「休職前と同様に働く」ことの難しさ

うつ病などのメンタル疾患で休職された方が復職されたりしますと、ほぼ皆さん口をそろえるように「前と同じようなパフォーマンスを発揮することができない」と言います。

もちろん、ブランクや内服の影響もあるでしょうが、ある種「体の中のストッパー」により、以前と同じようにフル稼働で働くことが困難となっているようです。

ですので、休職前と同様ではなく、「8割程度」を自分の中の限界と考え、働くことができるかどうか考えた上で求人に応募することをオススメしたいところです。

転職活動が可能な程度に快復しているか

病状があまり快復していないにも関わらず、家族や周囲の目、あるいは自分自身の焦りから転職活動に踏み切ってしまう方がおります。

この点、少なくとも主治医には「本当に転職活動をして問題ないか」ということは確認した上で転職活動を行い、気になる症状が表れるようでしたら、すぐに相談するようにしましょう。

転職活動が可能かどうかの判別方法としては、「生活リズムが整っており、朝ほぼ一定の時間に起きることができる」「十分に体力が快復し、昼寝をしたりすることがない」「通勤程度の散歩やデスクワークなども可能」といったことだと思います。

以上です。
もし転職活動に踏み切ることが不安、あるいは再発が心配、ということでしたら、うつ症状専門の就業移行支援を行っている「シゴトライ」や、カウンセリングなど手厚いサポートのある「ネオキャリア」などの転職支援会社で相談しつつ転職活動を勧めることをオススメしたいと思います。



転職活動前の準備

本日の人気記事