「うつ病」から復職・転職するまでに「自分でできるリハビリ」方法

うつ病で休職中、「いきなり復職」もしくは「いきなり転職」するのが不安という方々は多いです。ただ、「なにかリハビリのようなものをやってみたいけど、何をやればいいのか分からない…」ということになってしまいがちです。

さて、そのようなお悩みを抱えてらっしゃる方のため、今回は試していただきたいリハビリ方法について書いてみました。ただ、やはり始める前にはぜひ、主治医の先生に許可をとった上で開始しましょう。

1) ステップ1 生活リズムを整える

まず始めのステップは、生活リズムを整えることです。毎日、決まった時間に眠れていて、中途覚醒(途中で目が覚めてしまうこと)も少なく、朝も決まった時間に起きることができる、というのが必要となります。

さらには、日中、昼寝をできるだけしないようにしてみたり、散歩をしたりと、日中の活動量を少しずつ上げ、さらにはできるだけ休職前の状況に戻していくことが重要です。

また、記録をつけるのも重要です。最近では、「うつレコ|うつ病の人のための行動記録ツール」というアプリもあり、オススメです。

2) ステップ2 通勤訓練

次のステップは、通勤訓練や、図書館通いを行ってみましょう。通勤訓練に関しては、まずは朝でなくても結構です。まずは会社近くまで行ってみる、というのが重要です。その後、可能ならば次第に朝の通勤時間に合わせて会社近くまで行ってみましょう。

その後、図書館に行ってデスクワークの練習をするなど、日頃の業務が可能か試してみるのもいいでしょう。たとえば、新聞の社説要約や、タイピングの練習、エクセルの勉強などです。

また、本を読んでみて、頭に入るようになっているのか、何度も読み直しが必要ではないかといったところも、病状の把握には重要となります。

3) 業務に関係したデスクワークを

ステップ3でのデスクワークをさらに一歩進め、実際の業務に関係した本を読んだり、実際に業務に近いデスクワークをしてみてはいかがでしょうか。

そこで、実際にパフォーマンスとしてどの程度戻っているのかを把握してみましょう。およそ80%程度出ることを目標とし、そこに近づけていくことを目指しましょう。

以上です。
ステップ3まで来ましたら、復職が近いでしょう。ただ、ぜひ心がけていただきたいのは「焦らないこと」「ゆっくり、着実に」「無理しない」ことです。また病状を悪化させてしまったら、元も子もありません。その点はご留意いただければと存じます。

DYM就職
既卒・第二新卒向けの就職サービスです。経歴や学歴に不安があり、正社員採用を目指す方にもオススメです。
エージェントneo
キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが売りです。「もう失敗したくない」方にはうってつけの会社です。
ウズキャリ第二新卒
内定率・書類通過率も高く、若手の転職サポートに定評のある企業です。20代での転職をお考えなら、ぜひ。
いい就職.com 既卒、第二新卒の転職支援を行っています。イベント・セミナーも開催しており、参加してみるのもいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする