うつ病での休職期間は隠すべき?面接で聞かれたらどう説明するか

うつ病で休職期間があった場合、あらかじめ申告すべきでしょうか。この問題はやはり難しく、ネット上にも数多く質問・相談がなされています。

転職活動の中で面接を受け、そこで自ら打ち明けるのか、それとも言わずに質問されたら答えるのか、ということですが、やはり打ち明けた場合、全ての人が病気について理解があるわけではないのは確かですね。

その点、強い意志を持って「病気のことを打ち明ける」ということでなく、躊躇いがあるようでしたら、打ち明けないということも1つの選択肢であると思われます。

採用担当者である側は、あまり追求し、根ほり葉ほり聞かないようにする傾向にはあるようですが、それでも質問される可能性はあると思います。その場合は、やはり正直に打ち明けるよりほかはないと思われます。

そこで虚偽の申告を行うと、内定を得られた場合でも、取り消しをされる可能性があるためです。

私だったらどうするか、ということで言いますと、やはり「質問されたら答える」というスタンスだと思われます。

もちろん、全ての人が病気に偏見を持たないことが望まれますが、そうはなっていないのが実情であるためです。ただ、繰り返しになりますが、やはり質問されてしまったら、正直に答えるより他はないと思われます。

DYM就職
既卒・第二新卒向けの就職サービスです。経歴や学歴に不安があり、正社員採用を目指す方にもオススメです。
エージェントneo
キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが売りです。「もう失敗したくない」方にはうってつけの会社です。
ウズキャリ第二新卒
内定率・書類通過率も高く、若手の転職サポートに定評のある企業です。20代での転職をお考えなら、ぜひ。
いい就職.com 既卒、第二新卒の転職支援を行っています。イベント・セミナーも開催しており、参加してみるのもいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする